MENU

2016/07/27 11:46:27 |
主に借金返済の場面で多いですが、長期間に渡って支払いを行わないと訴状が届くことがあります。それまでは何度も連絡や催促状が届くといったことがありますが、それでも支払いに応じないようであれば督促状や訴状が届く場合があるのです。訴状が届くといよいよ借金もどうにかしないといけない状況で、訴状を受け取ったにもかかわらずそのままにしてしまうと、借金問題での裁判へと発展することとなります。裁判にも応じなければ債権者側の意見が全てと言っていいほどに通ってしまうので、それこそ差し押さえになる可能性も高くなります。訴状は普段は見かけることのない書類で、いざ受け取ると焦ってしまうものです。どうにかしなければと焦って...
2016/07/27 11:46:27 |
人によってはのめりこんでしまうパチンコは、自分のお金以上に使い込んでしまう場合もあります。借金をしてでもパチンコに通い詰めてしまう人もいるほどで、たびたび社会問題化されます。自分のお金の範囲内で適度に遊ぶのであれば、娯楽としては良いのかもしれません。しかし、借金をしてまでパチンコに通うとなると依存症とも言え、一度でも借金をしてパチンコにいってしまうとその後も癖になり、パチンコが原因の借金が膨れ上がってしまうのです。一般的に、パチンコなどのギャンブルや浪費が原因の借金は自己破産が行えないため、パチンコが原因となる借金を多く抱えてしまい、今のままでは返済ができないとなれば任意整理による解決を行う場...
2016/07/27 11:46:27 |
正規の業者とは違い、違法な金利で暴力的な取り立てを行うのが闇金融です。電話一本で借りられるなどの手軽さに釣られて一度でも利用をしてしまうと、異常なまでの高金利で支払いができなくなり、闇金からの借金を片付けることができなくなってしまいます。闇金で借りたお金で闇金への返済を行うような形となる場合が多く、こうなるとどこの闇金からいくら借りていて、どこにいつの返済なのかも分からなくなってしまいます。返済が遅れるようになればそれまでは対応も丁寧だった闇金も態度を一変させ、激しい取り立てが始まります。本人だけでなく家族や会社へも連絡が入るようになり、悪質な闇金の場合には取り立てだけでなく嫌がらせも行ってく...
2016/07/27 11:46:27 |
借金が積もりに積もってしまい、払えないような金額まで膨れ上がってしまった場合には、問題が大きくなる前に早めに債務整理による借金解決を考えるべきです。払えないからと借金をそのままにしてしまうのはよくなく、払えないのであれば払えないなりにしっかりとした手続きで解決を行わなければなりません。それが、自己破産や任意整理などに代表される債務整理です。債務整理によるしっかりとした手続きを行わずに借金をそのままにしてしまっていると、場合によっては差し押さえなどに発展するケースもあります。給与の差し押さえとなると借金があること、支払いができていないことが会社にもばれてしまい、さらには毎月の給与から一定割合が強...
2016/07/27 11:46:27 |
交通事故の示談は多くは被害者が加害者の加入する保険会社を相手に行うものですが、思っている以上に難航をしてしまう面倒なものでもあります。両者の言い分や主張がぶつかり合うためで、保険会社も態度を軟化させないために示談がなかなか成立しない場合もあります。示談が成立せずに交渉が長引くと、交通事故が原因となる怪我の治療を続けているとしても、保険会社側から治療費の支払いを打ち切られる可能性があります。保険会社としてはなるべくお金を払いたくないので、怪我の治療が長引きそうなら治療費の打ち切りや、早めの示談成立を持ちかけてきます。納得ができる内容で示談が成立できれば良いですが、多くの場合は交通事故被害者が不利...